2016年05月17日

2016GWの写真と地震の事 〜スタッフK〜


皆さまっ

いかがお過ごしでしょうか?

2016GW2.jpg

相変わらず、お久しぶりの更新となってしまってますが(汗)
今日はりょうちゃんにはGW家族で過ごした海ノ中道海浜公園のお写真で参加してもらうことにして、地震関連のことも少し書いてみたいと思います。

2016GW7.jpg

前回からの更新の間にご存じのとおり熊本・大分が大地震の被災地となってしまいました。
私たちINCも東日本大震災以来被災地ブログの更新やフェイスブックやHPで福岡からできること、何か少しでもお役に立てることなど情報発信しております。

熊本で動物支援活動をしている方からの物資の要請にもできる限り対応しております。
フェスティバルのフリマ収入分、スタッフからの募金、スタッフの友人たちからの募金から、
今まで避難場所で必要なケージ、今日は暑さ対策用の遮光シートを早速手配し送りました。

2016GW1.jpg

月一のスタッフ会議では、いろいろと今後の課題も話合います。
今回の地震で皆さまもペットとの「同行避難」と「同伴避難」という言葉を聞かれたと思います。
東日本以来「同行避難」は環境省で認められるようになりました。
実は私も「良かったぁ〜」って思ってたところだったのですが、今回「同伴避難」という言葉との違いを思い知らされました。

2016GW6.jpg

「同行避難」=「同伴避難」だと勝手に思っていたのです。
避難場所での「同伴避難」は認められていない為、今回熊本でも家族にペットがいるご家庭は避難所へは行かず自家用車生活やテント生活を送ることになり、大変だったそうです。中には避難場所によっては認めているというか様子をうかがいながら一緒に・・・みたいなところもあったようです。
今回このような事実が判明し、私たち福岡ではどのように対応していくべきか、どうやったら「同伴避難」を認められるようにしていけるのか、現在話し合いを重ねております。
その結果、まずは福岡で実現され、全国に広がることをスタッフ全員の思いです。

2016GW5.jpg

いろいろ話をしていくうちに「最優先は人だろうーが!」という声がスタッフたちの頭の中を駆け巡りますが、ペットも家族の一員として共存している限り人もペットも優先順位などつけられませんもんね。

2016GW8.jpg

それからINCからの発信としてある方を招いてお話をしていただく機会を設ける企画構想中です。
実現可能となりましたら、HPやフェイスブックにて改めて皆さまへご報告しますので
是非ご参加ください。私個人としてもとても興味深い話もたくさん聞けそうなので、是非実現出来ればと願っております。

2016GW4.jpg

実際被災してみないとわからない問題もたくさん出てきます。
被災している方々にはとっても不謹慎な言い方になりますが、その事実を踏まえた上で備えれる何かを見つけながら生きていかないといけないという現実・・・
そして、その時はみんなで助け合って生きていかないといけないということを改めて実感します。
被災している皆さま、頑張っていきましょうねっ
それからお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。

2016GW3.jpg

今回は個人的な思いもたくさん書いてしまい、すみません・・・
では次の更新まで・・・

〜スタッフK〜

posted by inc-fukuoka at 17:07| 日記